top of page
  • 執筆者の写真Shiki Y

【非公開情報】僕がサロンシャンプーを開発した本当の理由

更新日:2023年7月7日


今日の話は「トゲ」があるかも。


そのトゲは、痛みを伴うものなのか、それとも、心地いい痛みなのか。


それは分かりませんが、ちょっとした刺激になるのは間違い無いでしょう。



テーマは「サロンシャンプー」についてです。



Instagramストーリーズでも何度か紹介しているので、ご存知の方もいると思いますが、私は昨年末に美容師さんと共同でサロンシャンプーを開発しました。


現在、取扱店舗が約50店舗となりました。また、取り扱いはしていないけど、Instagramでの紹介によって報酬を受け取られている方も約50人となっています。


さて、この記事ではそんなサロンシャンプーですが、これまであまり多くを語らずに皆さんに広まって来ました。


そこで、このブログではしっかりと、僕の本音をぶつけてみます。



僕の野心は何か?

何をめざしているかについてです。



 

日本一○○なサロンシャンプーを目指している?


最初に言いますと、僕たちが作ったシャンプーの目標は、


日本一、美容師さんが稼げるシャンプーを作る


これです。


もちろん、たくさん売れてくれたら嬉しいのですが、



・日本一、売れているサロンシャンプー

・日本一、人気のあるサロンシャンプー

・日本一、有名なサロンシャンプー



はめざしていません。


あくまでも、「美容師さんが儲かるシャンプー」が目標です。


「このシャンプーを取り扱ったおかげで、利益が増えたー」というシャンプーが作りたいわけです。


なぜ、そんな目標を設定したのか。まずはその理由から。


 

本来なら、店販は儲かるのに。。。


店販利益が少ないサロンシャンプーが多すぎる


僕がサロンシャンプーの開発を決めたのは、この事実があったからです。


美容師さんが店頭でお客さんにシャンプーを販売しても、マージンが「1本300円」とか「1本500円とか」そんなレベルの商品ばかり。


中には、「店販しても給料が増えない」という店も。


本来、店販って利益を底上げするもの。もちろん、スタッフがお店でお客さんに紹介して、そのマージンを得るのも同じ。給料に「店販手当」がついていると、ちょっと嬉しいものです。


ただ、それが数百円だとやる気も出ませんよね。


「このセールスは、誰のためにやっているの?」ってなる。


5,000円の商品を販売したのなら、せめて1,500円は売上手当が欲しいところです。


でも実態はそうなっていない。

これ、誰が利益を取っているのでしょうか。


  • ディーラーが多めに取っていたり

  • オーナーが多めに取っていたり

  • そもそも、価格設定に難ありだったり


理由は分かりませんが、スタッフさんの手元に入るお金が微々たるお金になっているのが現状です。


それを変えたいなと思ったのが始まり。


 

目標達成のために取り組む決意

日本一、美容師さんが儲かるシャンプーにするためには、次のポイントを達成することが必要です。


 

  1. 原価と仕入れ価格を可能な限り近づける

  2. 顧客に販売しやすい最も高い金額を設定する

  3. 美容師にも、一般顧客にも認められる商品クオリティー

  4. 販売しやすいセールストークもセットで提供する

  5. 店頭の顧客だけではなく、フォロワーにも紹介できる仕組みを作る

  6. 反応がとれるLPを用意しておく


 

この6つを用意しないといけません。


世の中にはたくさんのサロンシャンプーがありますが、そのほとんどが「利益拡大」を狙った商品です。


当然ですよね。商品を世に送り出す上で、利益拡大を狙わない商品などありません。


僕たちのの商品も、もちろん利益が増えたら良いなとは思っています。

ただ、それと同じぐらい、「美容師さんの利益拡大に繋げたい」という思いで商品を作りました。


だって、取り扱いの美容室・美容師さんから


「この商品を取り扱ってよかったです!」って声をたくさん聞けるのって、自分が稼ぐのと同じぐらい嬉しいですよね?


ただ、そのような取り組みをしているサロンシャンプーは存在しませんので、


  • 前例がないような原価率

  • 販売ノウハウもセットで伝える販売アプローチ

  • インスタで購入した際の紹介報酬


これらは前例がなく、マネしようにも、誰かを参考にしようにもできません。


だから、商品化には、サロンシャンプーのスキームではなく、他の販売アプローチを参考に作りました。


(自分がアフィリエイターであることが生きたなと思いました。)


 

真剣に伝えれば売れる。あとは真剣になれるかどうか。

本来、美容室での商品販売は、購入に至りやすい環境です。


  1. 美容を求めている顧客が集まる(ニーズが共通)

  2. 接客時間が長い

  3. 支払いタイミングがある


この3つの要素があるが故、美容室での店頭販売は結果が出やすい。


現に「店頭販売で大きな成果を上げている人」も多いのはこのためです。


だから、アプローチの方法さえ理解すれば、誰だって売れるわけです。


問題は熱意を持って紹介するかどうか。


真剣に取り組めば、店頭販売のみで数十万円の売り上げを伸ばすことは、決して難しくないですよ。


 

【限定情報】

今回開発した商品や大量生産していないので、たくさんの美容室に販売することはできません。


できれば、「利益に困っている美容室・美容師」に取り扱っていただきたいと思っています。


そこで、


  • 店頭販売で売上を増やしたい

  • 店頭販売で効率よく利益を伸ばしたい


という美容室・美容師さんには、是非とも協力したいと思っていますので、ご希望の方はインスタアカウントにDMくださいませ。




こちらでもブログ書いてます。トップページはこんな感じ。

閲覧数:137回0件のコメント

Comments


bottom of page